習慣への架け橋だー!

 何かをやろうと決めたならそれをやり続けると心に決める必要がある。なぜなら、どれだけ好きなことであっても苦しみや困難があることがよくあるからだ。楽しみだけを感じながら、何かに取り組むことはほとんどないといえる。困難があるからという理由で、やると決めたことをやめてしまうのは時に自分を裏切る行為になりかねない。自分を裏切らないためには、第一に、何をするのか明確にすること、第二に、最低限続ける期間を決めること、第三に、とにかく日々続けることが大切になってくる。前者2つは簡単にできるだろう。(簡単にできるからと言って軽いノリで決めてしまうと後々大変になる可能性はあるが)難しいのは第三の日々続けることである。やることを決めた当初は、やる気に満ち溢れ、簡単にできるだろうと思ってしまう。しかし、人間はすぐに目移りしてしまうものである。(私の20年の人生経験から得た教訓の一つである)それではどうすれば良いのか。これはもう仕組みを作るしかないのではないか。そう私は思っている。仕組みとは、何か。習慣とは少し違う。仕組みは習慣の橋渡しになるものだと思う。楽しくできることは気づけば続いているものであるが、そうでないものは、気づけばやらなくなっている。それを習慣にするために仕組みを用いるのである。

 

仕組みを作るとはつまりやりたくないことでもやってしまう、あるいはやらざるを得ないように生活の中にある作業を組み入れることである。仕組みにも限界はある。時間が限られているのだから、どれだけうまく仕組みを作っても多すぎれば体に悪影響をおよぼすことだろう。ただ私の場合、未だそのような領域には至っていないはずであるから、そのような心配とは無縁である。(私の心配の大部分は、実際にはムダな心配である)

どうすれば仕組みをつくれるのだろう。仕組みを作るには、無理なくある作業に取り組めるようにする、もしくは無理はあってもせざるを得ないように予定を立てる必要がある。例えば、毎日ジョギングがしたいなら、家からジョギングに行くより、仕事帰りにジョギングして家に帰るほうが抵抗がないと思う。そして、電車通勤なら、家から遠い方の車両に乗れば、近いものよりジョギングに移りやすい。

こんな感じにしていくのが仕組みだと思っているが、正直最後の最後は自分の気持ち次第になってしまう気がしないでもない。もっとうまい方法があるのかもしれないが、今はこんな方法しか知らないので、これを続けながら、新しい方法を模索していくつもりだ。ただの根性論より幾分はましであると思える。必要な根性を減らせるという最終的には根性論な仕組み術であった。

 

ーーー話したいことーーー

 世の中いろんな境遇の方々がいる。最近人と話すようになってきたので話す人びとの人生の一部分に触れるようになった。ほんといろんな人生があるのだなって思わされた。中にはそんな生き方辛くないか、なんでわざわざそんな考え方してるんやろ、って思わずにはいられない人もいる。そんな時は、自分の意見を言ってみる。それでだめなら、こういう生き方もあるんだなって思うようにしてるし、思ってしまう。自分の知らない世界が多すぎて、否定できないからだ。

 いろんな境遇の方がいることを以前より理解して、少し変化したのはあまり人の人生を聞いて驚くことがなくなったことだろう。なんだかどんな人生でも、そんなこともあるんだろうな、と思うようになった。もちろん、驚かないからといって、悲しみや喜びがなくなるわけではない。すごい人生には、すごいと思うし、悲しい人生には悲しいと思う。でも、それでも違う世界とか、自分とは違う生き物であるとかは思わなくなった。