何事も続かない

 ランニングをはじめたはずだったのに気づいたら終わっていた。毎朝6時に起きると決めたのに気づけばそんな決意などすっかり忘れ、昼間で寝ていた。そんなことが僕の人生にはよくあります。何度も同じ結果を招いているのにやり方を変えられていない。どうすれば続けられるのだろう。そう考えなかったわけではないが、結局最後に行き着くのは精神論、根性論で、はじめた当初はできるけど長期的には続かないことが多い。其の中で続いているものもあるのだから、と開き直ることもできなくはない。しかし、そこで続いていないものがあまりにも多すぎて開き直るなどできるはずがない。精神論がだめな理由は、僕にとってそのような精神は常に移り変わるものであって興味がすぐ変わることだ。あれをやれば良いのではないか、そう思ったすぐ後には、そんなことなど忘れ別の良さそうなものを見つけているのである。発見という観点からすると素晴らしい才能であるが、身につけるという点から見ると非常に余計な能力である。こんな僕に少しでもできることは諦めることではないか。つまり、発見してしまうのは仕方がないと受け入れるが、それを採用するかは別問題であり、いま実行中のことを考え、保留にするという心構えが必要なのではないか。心構えというと何か精神論という感じがせんでもないが、それ以外に表現が浮かばなかったから仕方ない。

とにかく、まずどれかひとつに絞り、それを最低どの程度続けるかを決定する。そしてその期間は、それを常に心に思い、別の発見があろうとも退け、保留するのが良いのではないか。そして、決めた期間まで続けたならばあとは、自分の自由にするのがよい。続けたいなら続けられるだろう。そしてもう一つ保留したものが溜まっているので次に続けるものを選ぶ楽しみがある。こういうふうに考えると、なんだか保留するのは良い考えに思えてきたのでやってみようと思う。ただ、この保留という発見が身につかないことのないようにしたいと願うだけだ。

 

 

ーーー話したいことーーー

体が疲れ切っていると、自分の考えは悪い方、というより変な方向へ行ってしまいやすいと思う。筋トレした翌日、筋肉痛で歩くのも億劫なとき、ほんとあらゆるものに対して不満を持ってしまいがちなのだ。(その不満が見えるようになると、なんだか自分が面白く感じる)このような経験からやはり、肉体と精神はつながっておるんだな、と感じた。言うまでもなく、体のしんどさというのは直接に精神に影響する。疲れたという感覚自体、肉体から生じたものであっても精神的なものである。

 それでは無理やり疲れていない、元気であると思い込むのが良いのかというとそれも少しはあるがそうではない。大事なのは、休むこと、休みすぎないこと、疲れたら一度放棄することであると思う。