思いはどれだけ伝わるか

 自分の思いは相手にどの程度伝わるのか。これは私たちにとってとても気になる疑問だと思う。僕が最近思ったのは相手に伝わる思いの量は相手の受け取る能力、自分の伝える能力、そして自分の思いの量によって決まるということだ。これは数式で表すと、

Y=M0+y*m*M

こんな感じになる。Yが相手に伝わる思いの量、M0は何も思っていなくても相手が受け取る私自身の印象や思い(相手の私に対するイメージ)、yは相手の思いを受け取る能力、mは私が相手に思いを伝える能力、Mは私の思いの量という具合だ。

ここで-1<y<1, 0<m<1という条件がつく気がする。前者の条件は、相手は私自身に対して、もとから悪い印象をもつこともできるし、良い印象をもつこともできる。そして、その印象によって相手の思いをどのように受け取るかが変わる。

後者の条件は、自分の思いを伝える能力は、ゼロではないだろうし、完全に伝えられるわけでもないからだ。

 

というこの式によって相手に伝わる思いの量を考えると少し悲しいことが起こる。それは、自分の思いの量が増えれば増えるほど、相手に伝わる思いの量は相対的に少なくなる。つまり、自分の思いに対する相手に伝わる思いの量は次第に減少していくのだ。

こんなことを書いておきながら私はこの式をあまり信用していない。なぜなら、伝わることぐらいあってもいいと思いたいから。そういう素敵なことがあると信じたいし、経験してみたいからだ。経験できることを祈っているし、経験できるようにできることをしていきたい。

 

ーーー話したいことーーー

 結局何が言いたかったのか自分でもわかりません。自分でこういう式をイメージしながら、それは違うと思いたい。なんだか残念な感じですな。