今年の目標

 皆さんこんにちは

 今日は今年の目標について考えてゆきます。今年の目標などと言っておりますが、御存知の通り、すでに今年はもう3ヶ月も経っており残り9ヶ月。この短い期間で達成したいこと、またその先にも続いてゆく目標とはどんなものになるのか。今の自分にはわかりません。書き終わるころにわかっているのが理想ではありますが、ほぼ不可能でしょう。少しでもわかれば良しとします。

 さて、実は今年はすでにこれまでのどの年よりも濃厚な一年となっているのです。はじめて恋をし、愛のような感情を知り、失恋を通じて、自分の周りに素敵な人が射ることをこの歳になってようやく知り得た、そんな素晴らしい年なのであります。どれだけ自分が周りに支えられているのか、それを知ることができて本当に良かったです。その反面、私は支えられてばかりおり、支えてこれなかったのではないか、そう感じております。ですから今年の第一の目標は、支えを必要としている人を支えられる人間になることです。それも、嫌々支えるのではなく、自ら支えたい、というか支えずにはいられないと自然と思える人間になることです。ここ最近は、いくらでもこのように思うことができます。しかし、これが本当に続くのでしょうか。無理に続けるのはよくないですが、続ける努力はさせていただこうと思います。

 続いての目標は、一つ目とつながっております。それは自分のやりたいことをするということです。第一の目標が、誰かを支えられる、動き出せる人間になることでした。しかし、それだけを目標にしますと、自分を放置してしまうのではないでしょうか。そして、自分がやりたいことができなかった時、第一の目標のせいにしてしまわないでしょうか。つまり、自分の不満を他人のせいにしてしまわないでしょうか。これはいけないでしょう。自分で他人を支える人間になると言っときながら、それにより他人に責任を押し付ける。これは非常に矛盾していることでありますから、こんなことになってはいけません。だから、第二の目標は自分のやりたいことをするなのです。それも自分の責任で。第一、第二など順番がついておりますが、どちらが優先されるというものではなく、どちらも優先するという考えです。

 今思い浮かぶ目標は以上の2つです。私はこれを具体的に同実行するかという細かい目標が必要と考えます。人を支える人間になるためには、実際に支えることが一番でしょう。これと同じく、自分のやりたいことをするためには、やりたいことを自分で選択して、自分の責任で行うことが一番でしょう。つまり、やれば良いという結論に至ります。至るのですが、これが難しいのではないかと思われる方もいるのではないのでしょうか。私が最近発見したことなのですが(皆さんにとっては当たり前かもしれません)、動き出せばなんとかなるものです。これまで、ああしたほうがいいのではと思った時、全く動き出せませんでした。しかし、最近は思った時、じっくり考えそれでもやろうと思えば動くようにしました。そうすると臨んだ結果に至るとはいきませんが、何かが起こるのであります。良いこと、悪いことが起こるでしょう。しかし、それでいいではないですか。そこには確実に自分が行動できたという結果が残るのですから。

 

 なんやかんや書いてきましたが、今回の記事は、私の今年の目標についてです。それは2つあり、人を支える人間になること、同時に自分のやりたいことを自分の責任でやることです。そのために、それを支える小さな目標がいくつも生まれてくると思いますが、これはこれから先考えてゆきます。それでは今日はこのへんで

 

ーーー話したいことーーー

これまで私は、誰かのことを考えたり、誰かのために行動するのがとっても嫌いでした。なぜならそこには何も残らないし、自分のためにならないと考えていたからです。時間のムダと考えていたのです。そのため、自分のことだけを考えて生きてきました。どうすれば楽ができるか、どうすれば自分が得をするのか。これらのことを考えるのは悪いことだと思いません。ただ、誰かのために何かをするのが別に無駄なことではないのだな、と思うようになりました。誰かのために時間を使うなら、自分のために使う。そう思って生きてきていたのですが、それにより何か素晴らしい時間の使い方ができたわけではありません。それなら、その時間を用いて、誰かを支えられないまでも手伝うことで、自己満足、加えて相手の感謝、笑顔などが見られれば儲けものというものではないでしょうか。