読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つの楽しい想像

今回は想像するということについて書きたい。今言っている想像は自分がやりたいことに関する想像、つまり楽しいことを思い浮かべることについてであり、やりたくないものや恐怖についてのものではない。
 
想像には二種類ある。自分に、実行が可能なものかそうでないかである。どちらも無意味、無価値であると言いたいわけではない。どちらもある時には有効だし、あまりやるのがよくない時がある。ただ、前者は勇気を求められることがある。なぜなら自分で行えるから。それをやるかやらないかは自分に委ねられているからである。一度、想像してしまうと、実行しなかったことを何か、誰かのせいにすることができない。想像したあとに、全てが自分に委ねられる。そして、何もしなかった場合、自己嫌悪に陥りやすい。なぜやらなかったのだろうか。このように思ってしまうのだ。だから最近の私は、このような想像をした場合、出来る限りすぐ実行することにした。想像したとき、すぐにできることを考えてとにかくはじめてみるのだ。(とにかく始めるといったが、しっかりと自分とこれをやるべきか相談している。例えば、やって何か悪影響が出る場合、犯罪に繋がったりする場合はやらない。)そうしてはじめてみると、案外すっーと進んでいくものだ。それが全く想像と同じ通りになるかというとそうではないが、別にそれは大事ではない。実行したかどうかが問題だし、想像以上の結果につながることだってあるから驚きである。
 
実行不可能な想像の場合、それは本当にただ楽しむ想像といってよいだろう。妄想といってもよいかもしれない。本当にやりたい放題の事を想像しても何の悪気も罪悪感もなく楽しめる。その想像から目覚めても、楽しかったと思えるだけだ。友達に話してみても楽しめる。ほんとに楽しむためにやるものだと思う。まぁそのなかに自分の願望があることを考えると、自分自身でもわかっていなかった自分の欲がその想像に現れているかもしれない。それが何なのか考えるのも実に楽しいものである。
 
ーーーどうでもいいことーーー
花粉症がつらい。でも、日によってつらさがぜんぜん違う。これは何なのか。その日に飛んでる花粉の量の違いかとも考えた。ニュースの花粉量予想と関連はなさそう(データをとっているわけではないからイメージである)だし、花粉症の友達とつらい時が違うこともよくある。精神状態や自分がどれだけその日花粉症だと認識しているかによって変化しているような気がせんでもない今日この頃。なんでも良いから、鼻水と目の痒さよ止まってくれ。
花粉症って言うけど、花なのか。ちょっとした疑問だ。