読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のしたいことをやらねばならない

僕らは何のために生まれてきたのか。そんな問いに答えることは僕にはできない。なんで、生まれてきたのかなんてわかるのだろうか。いつかわかればその時教えてもらえれば嬉しい。そんなことは考えたってわからない、でも世の中には迷いながらもわかっている人もいると思う。ようは決意の問題であると思う。自分はこれに取り組むために生まれてきたんだそう思えればいいのだ。ぐらぐらと揺れる意志かもしれない。別に揺れてもいい、変わってもいい。ただ、いつかぐらぐらが減っていくものが出てくるのだと思う。私にはまだそれがない。いやあるのかもしれないが、未だぐらぐらしている。

 

それが何であるのかわかるまでに私達ができることは一体何なのか。私は、全力で自分のやりたいことをやることだと思う。自分のやりたいことって意外と定義するのが難しい。急に何かがやりたくなることもあるし、すぐにその気持が消えていくものもある。私の言いたい自分のやりたいことというのはそれをやらなければ将来後悔するだろうと思うもののことである。(ただ、心にやりたいことはそんな後悔するかなんて考える前に動いてしまうものであるとも思う)

 

自分のやりたいことをしようとする時、多くの場合、他人の意志とぶつかる。他人を尊重して自分が諦めるべきなのだろうか。私はそうするべきではないと考える。それはつまり言い訳に行き着き、後悔してしまうことに変わりがないと思うからだ。しかも、その後悔の責任をその他人に押し付けてしまうからだ。

それではこの場合どうすればいいのか。まず、相手がどのような意志を持っているのか知ること、自分の意志がどんなものであるかを知ることが大事だと思う。そして、その意志を知った上で、自分の意志を曲げても良い範囲なのか、どうかを考える。曲げて良い範囲なら喜んで曲げて取り組んでいけばいい。曲げてはいけない範囲なら、それはもう曲げずにひたすらに自分のやりたいことをやるべきだと思う。どれにしたって僕の主張は変わらない、自分のやりたいことをやろう、ということである。

 

自分のやりたいことをやり抜くのは、とても辛いことであると思う。まず、僕自身本当にやりきれたことがあるのかわからない。(自分のやりたいことを一所懸命にやるべき、という考えは本当につい最近思い至ったためである。)でも、今の僕は出来る限り自分のやりたいことを全力でやっていると思う。しかし、これは非常に大変だと思う。気づけばテキトーになってしまうからだ。だから常に意識を自分に集中させ、今僕はやりきれているのかを考え続けないとならない。これを極めた時、何も考えるまでもなく今やっていることに集中して、他に何の考えも入る余地がない状態につながるのだと信じている。

 

ーーーどうでもいいことーーー

iphone7のREDが出るようだ。デザインを見てみるととってもかっこいい。今僕が使っているZenphone2 laserの赤がとっても見劣りするレベルでかっこいい。(まぁ生で見たわけじゃないからホントに格好いいと言いきれるわけではないのであるが)

見てすぐにこれほしい!!って感じた。だから値段を見たんだ。高いんだよ、バカヤロー!って思ったね。もう一度いう、高いんだよー!わかってたけど高かった。これほどまでにお金を出してかっこいいスマホがほしいと思わない私でした。以上どうでもいいこと